前へ
次へ

家庭教師の授業のスタイル

家庭教師は、小学校や中学校の教諭と違い、免許を保有しているワケではありません。
もちろん、進学塾や塾講師の中には「小学校教諭一種免許状」を取得している者もいます。
小学校あるいは幼稚園教諭などのスキルを持つことで、宿題を見るということから、学校の教科書による予習・復習のサポートも担っています。
学校の授業についていけない、こうした生徒のために家庭教師を選ぶ保護者も少なくありません。
学校の授業を中心に、学校指定の教材を使って学習を進めることもあり、遅れた分を取り戻し、今の授業についていけるまでをサポートします。
1対1の直接指導ですから、生徒が苦手なところを中心に見てあげることができ、間違いをその場で指摘できます。
正解を教えるのではなく、正解へと導く指導に切り替えができます。
指摘と正す、そのスムーズさからも、生徒本人の成長が期待できる意見も増えています。
結果的に、授業についていける、そこからは応用範囲を広げる内容です。

Page Top