前へ
次へ

家庭教師において学力や学歴は影響するか

学校の先生になるには教員試験を受ける必要があります。
試験に合格すれば先生になる資格が得られ、学校に採用されれば晴れて学校の先生になれます。
教員試験を受けるには一応教職課程を取るなどの条件が必要ですが、必ずしも有名大学を卒業しないといけないわけではありません。
先生になりたいからと通信過程で教職課程を取って先生になる人もいます。
公立の先生だと希望の学校に配属されるわけではないので、自分の卒業高校より優秀な高校に配属されたりもするでしょう。
家庭教師を利用するときに気になるのが家庭教師の学力や学歴です。
子供を優秀な学校に入れたいならその学校に匹敵する学校に在籍している人が良いのかもしれません。
でも教えるだけであれば必ずしもその学校に入学するだけの知識が必要なわけではありません。
家庭教師と学校の先生を同じにはできないでしょうが、あまり学力などにこだわり過ぎると逆にいい先生との出会いを見逃すことにもなります。
学力以外の面も見極めて決める必要もあるでしょう。

Page Top