前へ
次へ

家庭教師へのお茶出しは勉強時の息抜きにもなる

来客があったらお茶出しをするのが一般的なので、それが勉強を教えてくれる家庭教師の先生だったらなおのこと、訪問先の家庭ではお茶を出そうとしてくれます。
必ず必須ではなく、講師へのお茶の配慮は無用の旨を、あらかじめ家庭教師派遣センターでは親御さんには伝えていますが、ほぼ出してくれるのが現状です。
割合的にはドリンクオンリーは3割ほど、プラス菓子類も出すケースの方が7割と多く、家庭教師にとっても良い息抜きです。
勉強の合間に食べたり飲んだりすることで、生徒の子供と勉強以外のことも話すきっかけになります。
学校のことや友達のことなど、いろいろ話すようになると、お互いのことが分かって安心感や信頼感も生まれるので、良好な関係を作り上げるのもお菓子やお茶は大活躍です。
人は目の前に食べ物があるとなごみますし、食べて飲んだりすると、脳もお腹も幸福感を感じるので、会話もそれだけ弾みます。
先生にも好みがあるので、お茶出しをするのであれば、好きな食べ物と苦手な食べ物は、あらかじめ確認をすることです。

Page Top